top of page
検索
  • 執筆者の写真猿田彦神社

夏越大祓式について


時の流れは早いものでもう6月。関東地方の梅雨入りもまもなくと行ったところでしょうか。今月末には夏越大祓式の斎行を予定しております。この大祓式は全国の神社で古来より執り行われている伝統行事で、日常生活において知らず知らずの内に犯している罪やけがれを半年毎(6月と12月)に祓い清め、清らかな身に返ろうとする神事です。

人形(ひとがた)と呼ばれる人の形に切り抜いた紙に罪・けがれを託して「大祓詞(おおはらえことば」の奏上、「裂布(れっぷ)」「解縄(ときなわ)」の神事を通じて祓い清めます。また当神社では皆様よりお送り頂いた人形のお名前を大祓式斎行時に神職が一枚一枚読み上げております。


ここ数年猛威を振るい続けている新型コロナウイルス感染症も5類へ移行され、今回より皆様のご参列も検討致しましたが、ウイルス自体の脅威が無くなった訳でもなく、且つ本殿が手狭で間隔を開けるとご参列頂ける人数もかなり少なくなる為、誠に残念ではございますが今回も一般の方のご参列は中止と致します。ご参列を待ち望みにされていた方々には深くお詫び申し上げます。なお、次回の師走大祓式より再開を予定しております。


既に崇敬会員の皆様方などご縁のある方には人形を発送しておりますが、お参り頂いた際にその場で執り行えるように社頭にも人形が置いてあります。作法などご不明の点は社務所までお気軽にお声がけ下さいませ。お近くまでお越しの際には是非古来から続く神社の伝統行事へのご参加をお待ちしております。


閲覧数:266回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


お知らせ:夏祭り中止
bottom of page